恵那市無形民俗文化財に指定

毛呂窪地内、蘇原神社例大祭の奉納で社殿前の広場で行われる。
男性1人が、獅子頭を被る場面から、笛と太鼓の囃子に乗って始まり、クライマックスは神に供えた真剣二振りを両手に持って、勇壮に舞う場面である。その振りや囃子から、その始まりは、あまり古くないとも言われるが、いずれにしても恵那市内の他地域では見られない舞である。

同じエリアの観光スポット
同じエリアのグルメスポット
ページの先頭へ