国の天然記念物指定

道路に接する大木は雄木で、根元近くは径1m余、すぐに大小の3本立ちになっており、その太いのは径50cm程である。その近くに径40cmの雌木があり、また山中を南に20mほど登ると径55cmの雌木が育ち、樹下に幼苗を見ることができる。
なお、一帯の湿地には大小10株ほどが育っている。
史跡名勝天然記念物保存法(現文化財保護法)により、大正11年(1922)に国指定された。この指定は当町出身の自然保護の先駆者で世界的な植物学者三好学博士の貢献による。

住所 恵那市岩村町富田大洞1541-21
最寄り駅 明知鉄道「岩村駅」
見頃
4月上旬~中旬
ページの先頭へ