市有形民俗文化財に指定

由来は、「徳川家康が武田氏と戦って敗れ、野井まで逃げてきた。その時ちょうど武並神社の大祭で、酒宴の真っ最中であった。興に乗った里人は重箱を頭に載せ、袱紗(ふくさ)を被って獅子舞のまねをした。家康もこの里人の踊りの中に入って、一諸に踊り、武田勢の追手から逃れることができた。」ともいわれています。

同じエリアの観光スポット
同じエリアのグルメスポット
ページの先頭へ