雪をかぶったように真っ白なヒトツバタゴ

吉田地区猿投神社境内にあり、五月中旬には、雪をかぶったように真っ白な花が参道の鳥居を飾る。
鳥居前を通る小道は「小原みち」といい、阿妻経由愛知県小原村(現豊田市)へ通ずる主要な道で、荷物を背にした馬が通い、盆正月には小原や阿妻から明知の町へ買物に来る人で賑わった。また、明治時代、上田地区の子ども達は大栗にあった大田小学校へ、教科書を風呂敷でからげ、肩に背負って、この道を通った。
そんな頃のヒトツバタゴは、初夏を彩る清楚な花の木として、行き交う人々の話題になったに違いない。

住所 恵那市明智町上田
最寄り駅 明知鉄道「明智駅」 より徒歩で約20分
車利用での
アクセス方法
中央自動車道「瑞浪IC」から国道19号、主要地方道、国道363号で約50分
見頃
5月中旬
同じエリアの観光スポット
ページの先頭へ