恵那の名物郷土料理

飛騨地方南部から東濃・中濃地方、長野県木曽地方に伝わるちらし寿司を朴葉でくるんだ郷土料理。
朴葉には殺菌作用や防カビ等の効果があるため、食材を包むのに適している。また、箸がなくても葉でまとめながら食べることができ、皿代わりにもなることから、昔から田植えなどの農作業や山仕事に携帯できる食事として重宝されてきた。

作り方は、朴葉に酢飯を乗せ、切り身のサケ、川魚の甘露煮、マイタケ、ワラビ、きゃらぶき、紅ショウガなどいろいろな具を乗せていく。家庭により乗せる具も変わってくるため、味わいも見た目もバラエティに富んでいる。

ページの先頭へ