岐阜県を代表する野菜「トマト」

トマトは岐阜県の出荷する野菜品目の中で最も販売額が多く、本県を代表する野菜となっております。特にここ東美濃地域では、県下でも上位の出荷量を誇るトマトの名産地。その歴史は古く、昭和30年には栽培が開始されました。
更に安心・安全を求め、化学合成の農薬・肥料減らした環境にやさしい栽培を行っております。収穫されたトマトは選果場に集められ、各市場にほぼ毎日出荷されます。

夏秋トマト品種特徴
麗夏(れいか)肉質がしっかりしているのが特徴。
他の品種より真っ赤に熟しても歯ごたえも良く、日持ちがする。
麗月(れいげつ)極硬玉で裂果に強い。
丸みのある形で色づきがよく、深みのある味わい。
甘味の中に程よい酸味があります。
桃太郎(ももたろう)市場に出回っている大玉トマトの中で最も出荷量の多い品種。
果肉が程よい硬さで、軟化しにくいのが特徴。
恵那市の観光スポット
恵那市のグルメスポット
ページの先頭へ