全国に出荷する有数の生産地

大正時代に故伊藤孝重氏により、東野で日本で初めてシクラメン栽培が開始されました。この地域で栽培されたシクラメンは「恵那シクラメン」とも呼ばれています。 現在、恵那・中津川地域は種苗の全国シェア8割以上を占めるほどの一大産地として成長し、現在、岐阜県のシクラメン生産量は日本一です。

恵那のシクラメンは、大正時代に大井ダムの建設に携わっていたアメリカ人技師の妻(ドイツ人)によって伝えられ、恵那市東野の伊藤孝重氏により、シクラメンの栽培がはじめられました。
当時、シクラメンは一般的ではなく、作り方も種の入手先さえもわからなかったといいますが、ドイツからカタログを取り寄せるなどして、非常に苦労したようです。

恵那市のシクラメンは約80年の歴史を誇るとともに、全国に出荷する有数の生産地となっており、現在でも、さまざまな品種のシクラメンが研究・開発されています。

住所 恵那市東野
最寄り駅 明知鉄道「東野駅」 より徒歩で約15分
車利用での
アクセス方法
中央自動車道「恵那IC」から車で15分
見頃
11月下旬~
同じエリアの観光スポット
同じエリアのグルメスポット
ページの先頭へ