鍋山頂上近くの崩壊地「馬ハゲ」の下方にあって、岩村越しの道の傍らの山腹平地に立っています。現在は桧林の中である。
メンヒルは立石ともいって、巨石記念物であります。
これらは原始的な呪術・儀礼、あるいは信仰と深い関係をもった遺構であるとも考えられています。
最近、この2つの立石の間から夏至の日の出が確認されています。

お役立ち情報
  • フォトスポット
同じエリアの観光スポット
ページの先頭へ