• サイトマップ
  • 色合い変更
  • 背景白・文字黒
  • 背景青・文字黄色
  • 背景黒・文字黄色

中山道広重美術館企画展「広重とめぐるⅡ 江戸時代旅の手帳」

広重の描いた街道絵や名所絵を中心に、当時の旅の様子を探る展覧会シリーズの第二弾。

旅の楽しみと言えば、今も昔もご当地グルメにフォトジェニックな観光スポット。東海道宇津ノ谷名物「十だんご」や名所「箱根」や「近江八景」の絶景、名産品「有松絞り」など、江戸時代から旅人が道中楽しんだであろう名所・名物は、浮世絵にも多く描かれます。

これらに焦点を当て、自分でも訪れてみたくなる、思わずあっと声を上げてしまうような絶景を、浮世絵を通してご紹介しています。

ここに説明文を入力します

【日 時】

 平成31年1月24日(木曜日)~2月24日(日曜日)

【開館時間】

 午前9時30分~午後5時00分(入館は午後4時30分まで)

【休館日】

 月曜日(祝日を除く)、祝日の翌日(土日・祝日を除く)
 ※1月21日(月)~23日(水)は展示替え、2月12日(火)は祝翌日のため休館します

【観覧料】

 
 大人/510円(410円) ( )内は20名以上の団体料金
 ○18歳以下無料、障がい者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は無料

【詳細】

 
 詳細は下記チラシ(PDF)をご参照ください
 
 中山道広重美術館HPはこちらからご覧いただけます

お問合せ 中山道広重美術館
お電話  0573-20-0522