• サイトマップ
  • 色合い変更
  • 背景白・文字黒
  • 背景青・文字黄色
  • 背景黒・文字黄色

恵那峡大井ダム湖周辺の紅葉状況と桃介像

恵那峡さざなみ公園周辺の紅葉も色づき始めています。

CIMG2847.JPG  CIMG2840.JPG

 

再整備のすすんだ「どんぐり広場」から電力王『福澤桃介翁』像が、彩りだした大井ダム湖畔を臨んでいます。

桃介翁の隣には、世紀のロマンスと謳われた日本初の女優『川上貞奴』のレリーフが侍ります。

CIMG2858.JPG  CIMG2861.JPG

CIMG2866.JPG  CIMG2873.JPG

 

恵那峡は、日本初の発電用ダムとして1924年に建設された大井ダムによって木曽川の急流が堰き止められ、現在の姿となりました。

さざなみ公園から森林散策路を通り、大井ダム堰堤まで約20分。発電所周辺には記念碑や往時の大工事の足跡も残されています。

CIMG2909.JPG  CIMG2937.JPG

※画像は11月2日に撮影したものです