• サイトマップ
  • 色合い変更
  • 背景白・文字黒
  • 背景青・文字黄色
  • 背景黒・文字黄色

三郷町

三郷町│中央アルプスが眺望できる雄大な田園風景を誇る町

中央アルプスが眺望できる雄大な田園風景を誇る町

 恵那市の西部に位置し、中央アルプスが眺望できる雄大な田園風景を誇る町です。昔をしのぶ家や寿老の滝、重箱獅子など、心を癒やし、昔を伝える文化財の宝庫です。近年では「道の駅らっせいみさと」を拠点にした「そばの郷」としても注目されています。

【ふるさとを思う椅子】  椅子に座ると野井地区の農村風景と、中央アルプスの峰々の景観が望めます。 冬の晴天の日は白く輝くアルプスの荘厳な景観を楽しむことができます。 どの頂きがなんて山か確認してみては。


obi-chiikijouhou.gif

三郷町│中央アルプスが眺望できる雄大な田園風景を誇る町

寿老の滝

 高さは約10mであり、西濃の養老の滝に対して老を寿ぐ寿老の滝と名付けられました。夏には家族連れで賑わい、知る人ぞ知る避暑スポットとなっています。

三郷町│中央アルプスが眺望できる雄大な田園風景を誇る町

かやぶきの家

 以前はどこの家も草葺きであった当地において、最後まで原型を留めたまま残っていた家を町民の手により三年間にわたる修繕を経て、平成20年によみがえりました。

三郷町│中央アルプスが眺望できる雄大な田園風景を誇る町

重箱獅子

 由来は、「徳川家康が武田氏と戦って敗れ、野井まで逃げてきた。その時ちょうど武並神社の大祭で、酒宴の真っ最中であった。興に乗った里人は重箱を頭に載せ、袱紗(ふくさ)を被って獅子舞のまねをした。家康もこの里人の踊りの中に入って、一諸に踊り、武田勢の追手から逃れることができた。」ともいわれています。

obi-omisespot.gif

みる

集仙院

集仙院

集仙院は今年建立二十周年を迎えました。専ら悟りの道を伝道しており、歴然とした道統系図もあります。古く、五千年の間、単伝にて伝えられてきましたが、時期相応により普伝され、八十年以上が経ちます。

【本尊】 集仙院本堂には金色に輝く彌勒古仏を鎮座してお祭りしています。次期相応のお姿で衆生の願いを叶えて下さいます。

【自然を楽しむ】 小高い丘に高さ約12mの楊柳観音菩薩像が大慈大悲のお姿でいらっしゃる中、山の景色は四季それぞれに美しさがあります。また、庭園内にある石や松もほとんどが自然に造られたそのままの美しさがあり。心和む最上スポットです。

住所
三郷町椋実大滝606
TEL
0573-28-3136
寿老の滝

寿老の滝

西濃の”養老”に対して”寿老”と名づけられ、三郷町と山岡町の境にあります。 
10mほどの落差のあるこの滝では、滝つぼでも水遊びができます。

住所
三郷町椋実
TEL
恵那市三郷振興事務所 TEL:0573-28-1001

たべる

かう

あそぶ

とまる

いべんと

道の駅 そばの郷 らっせぃみさと大収穫際

道の駅 そばの郷 らっせぃみさと大収穫際

新そばと新鮮野菜が味わえる「大収穫祭」が開催されます。

住所
岐阜県恵那市三郷町佐々良木1461−1 道の駅 そばの郷 らっせぃみさと
TEL
0573-28-3310